2018年度ワークライフバランスセミナーの開催について

開催概要

参加者数

研修(1) 37名(学外10名、学内技術系職員22名、学内事務系職員5名)
研修(2) 18名(学外10名、学内技術系職員8名)

研修プログラム

(画像をクリックすると,大きな画像がご覧になれます)

事後アンケート結果

(画像をクリックすると,大きな画像がご覧になれます)

Q6 本研修を終えて、明日から役に立ちそうなことがあればお書きください

・みなさんの悩んでいることが共感できるもので良かったです。戻っても広めたいと思います。
・”人に頼ることで相手からも頼られる”
・”まわりを気にせずに休む”
・人とのコミュニケーションの大切さを改めて感じました
・ランチ会、お茶会など時間をつくる
・同僚に頼ることをいとわない
・積極的に仲間に声をかける
・今の問題点をとらえられた
・今後にいかせるものがあると思う
・支え合うためには「相互理解」が必要ということを改めて考えて、今後対話や聴くこと怠らずに耳を傾けたい
・相手を知る努力も必要
・「受け入れる」「受け止める」の違い
・コミュニケーションをあらためて大事にしていこう!と思いました
・コミュニケーション方法を使っていきたい、質問方法など
・一人職場の対策として、情報共有したいです
・「自分が頼る」と周囲の人にとっては互いに「頼りやすい」環境になると知り、実行してみようと感じた
・他大学からの参加なので、学内に向けて報告して、周囲の方々の考えるきっかけにもなればと思う。

Q7 このようなセミナーで取り上げてほしいテーマがあればお書きください

・アンコンシャスバイアスについて
・仕事の効率化、短縮の方法
・コミュニケーションについて
・また次回も参加したいので、開催する際は教えてください!
・専門家のお話として事例集、コミュニケーションの具体的な事例があるといいなと思いました。

Q8 本セミナーに対して、ご意見・ご要望があればお書きください

・研修準備お疲れ様でした。良い内容で参加できて良かったです。ありがとうございました。
・今年も企画実施いただきありがとうございました
・今年も着て本当に楽しかったです。来年も?でしょうか・・・大変とは思います。
・ディスカッションはとてもためになりました。
・聴く側、話す側、どちらにも役まわりがあり得られるものが多いです。
・普段聴くことのできないお話を聞くことができてよかった
・来年もよろしくお願いします!!
・楽しかったです。来年も参加したいです。
・また次回も参加したいので、開催する際は教えてください!
・毎回、翌日からの仕事が明るくできる気づきが得られ、ありがたいです。
・ありがとうございました。
・一日で実施していただけたので、参加しやすかったです。
・学外へもお声がけいただきありがとうございました。

PAGETOP
Copyright © 技術部|国立大学法人名古屋工業大学 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.